〒651-0084 神戸市中央区磯辺通4丁目2番8号田嶋ビル7F

受付時間:9:00〜18:00土日祝を除く)

無料出張相談実施中

お気軽にご連絡ください

農地転用届出 4条・5条届出

 農地転用の許可とは異なり、都市計画法による市街化区域内の農地転用については、特則により農業員会への届出の手続きで済みます。

【許可申請と届出の違い】

 簡単に言えば、「許可申請」の場合は、農業委員会等が許可又は不許可の判断をし、許可された場合のみ転用が認めれ、「届出」の場合は、農業委員会等に必要書類を提出(届出)するだけで済むという違いがあります。

 「許可」と「届出」は次のように定義されています。

  • 「許可」:法令で一般的に禁止されている行為につき、特定の場合に限ってその禁止を解除する行政行為
  • 「届出」:法令で定められている特定の行為につき、一定の事項を予め行政官庁へ通知すること

 

 

農地転用届出の区分

 農地転用の届出には、許可と同様に4条と5条があり、その違いは許可の場合と同様です。

  • 4条届出:自ら所有する農地を農地以外のものに転用する場合
  • 5条届出:権利の移転を伴う農地転用

市街化区域と市街化調整区域

 市街化区域とは、既に市街化を形成している区域、及び概ね10年以内に優先的に計画的に市街化を図るべき区域として、都市計画法に基づき指定された区域を言います。

 一方、市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域を言います。市街化調整区域においては、開発行為が原則抑制され、都市施設の整備も原則として行われません。市街化調整区域は、既存建築物を除き、農林水産業などの田園地帯の区域ということになります。

 

農地法届出の流れ

 農地法の届出は都道府県知事宛に対して行います。届出の流れについて簡単に説明します。

  1. 農地の現状調査・確認
  2. 農業委員会に事前協議
  3. 届出書作成
  4. 農業委員会へ届出書を提出
  5. 農業委員会が受理・決定
  6. 農業委員会が受理通知書交付

 届出は随時受け付けされるのが通例で、受付から1週間程度で受理通知書が交付されます。

その他のメニュー

建設業許可申請代行

建設業許可申請はお任せください。

遺産相続・遺言はお任せください。

会社設立代行

株式会社、合同会社、一般社団法人、NPO設立はお任せください。

お問合せはこちら

ごお気軽にご連絡ください

お電話でのお問合せはこちら

神戸,行政書士高見・伊達共同事務所

078-965-7000

受付時間:9:00〜18:00(土日祝を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に
神戸,行政書士高見・伊達共同事務所

078-965-7000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

神戸,行政書士高見・伊達共同事務所所長 行政書士 高見 肇

☎078-965-7000
fax078-965-7005
td-office@kfa.biglobe.ne.jp

オフィス概要

神戸,行政書士高見・伊達共同事務所
所長 高見 肇

☎078-965-7000
fax078-965-7005
td-office@kfa.biglobe.ne.jp
受付時間 9:00~18:00
(土日祝を除く)
所在地
神戸市中央区磯辺通4-2-8田嶋ビル7F
JR/阪急/阪神各線 神戸三宮駅から
南へ徒歩約12分